So-net無料ブログ作成
検索選択
読んだ本 観た映画 ブログトップ
前の10件 | -

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [読んだ本 観た映画]

毎年ゴールデンウィークは、友達夫婦が泊まりに来るほかは
のんびりと大掃除をしたり、スキー用具やこたつを片付けたり
映画を見たりします。

Mr.ビーン.jpg

Mr.ビーン、大好きなのですが「カンヌで大迷惑」は感動しました。
めちゃめちゃよかったです。


特にお気に入りは、プッチーニの「私のお父さん」にあわせて
ビーンがパントマイムするシーン。
もし、剣道でぼこぼこに打たれて帰ってきたとしても
これを見ればモリモリ元気になること間違いなし。

にんにく注射級の、傑作です[ぴかぴか(新しい)]
(ただし、冒頭の10分くらいは忍耐が必要)

↓ マリア・カラスの歌う「私のお父さん」



オペラ・アリア歌詞翻訳シリーズ
プッチーニ《ジャンニ・スキッキ》より

「私のお父さん」

あのね、お父さん
私、彼のことが好きなの

ポルタロッサへ行きたいの
指輪を買いに
そう、どうしても行きたいの

もし叶わないなら
ヴェッキオ橋に行って
アルノ川へ身投げよ

苦しくて切なくて
ああ神様、死んでしまいたい

お父さん、お願い
お父さん、お願い

 (http://fukukichi.blog.ocn.ne.jp/collect/
  ふくきち舞台日記より)


この曲もよかったなぁ~
 Matt Willis - Crash
 http://www.youtube.com/watch?v=vt-d_rksXS8


Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [DVD]




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

007 慰めの報酬 [読んだ本 観た映画]

先週末、だんなさんと一緒に映画を見てきました。
007シリーズの最新作『慰めの報酬』。

QoS_fankit_300x250.jpg
007慰めの報酬 公式サイト

以前からスパイ好きですが、前作「カジノ・ロワイヤル」から
ボンド役がダニエルクレイグになり、
ジェームス・ボンドを俄然ひいきにしております。

なんていったって、ボンドが体育会系。
走る・殴る・殺す・ボコボコにされる・流血する・泥んこになる!
リアル・ハード・アクションてんこ盛り[パンチ]
なのに、ボンドがめちゃめちゃセクシー[キスマーク]

男のだんなさんも惚れるかっこよさです。
彼は、映画を見終わって何度もつぶやいていました。
 
 「ああぁ~、オレもボンドになればよかった

 「あ、でも オレもボンドと立場は一緒 だから、いっか[ぴかぴか(新しい)]

 ↑ たしかにボンドは、公務員・・・[たらーっ(汗)]






nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「20世紀少年」読みました [読んだ本 観た映画]

怪我のため、スキーも合気道も剣道もできない三四郎を哀れんでか、
だんなさんがツタヤで今流行っている(らしい)という
「20世紀少年-本格科学冒険漫画」を借りてきてくれました。
(全22巻)

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)








ちょっとだけ絵柄が怖いかんじだったので、
敬遠しようかと思ったのですが、これが読み出すととまらなかったです。

言っちゃうと、これから読む人に悪いので言えませんが、
正体はだれだ?!と思って読むのですがどんどん謎が積み重なって、
とんでもないことになりました。
(ラストはいまいち納得できなかったですけど)

はー。

暇人。

足が早く治ったらいいなぁ・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

武士道シックスティーン 誉田哲也 [読んだ本 観た映画]

剣道にはまり中の三四郎。
タイムリーな一冊を、イッキ読みしました。

警察官で剣道特練員の父をもち、3歳から剣道一筋の香織。
宮本武蔵の五輪書が座右の書、自分の前に立ちはだかるものは
すべて斬る、すべて勝つ!という剣道エリート

一方、日本舞踊をやっていた早苗は、中学から剣道に転向。
試合の勝ち負けにはこだわらず、自分の成長を重視するタイプです。

対照的な二人が、同じ強豪高校の女子剣道部でぶつかりながら
影響しあい、成長していく青春・剣道部活物語です。


武士道シックスティーン

ジン・・とくるシーンやセリフがたくさんあって、
読後感もすばらしく爽快!
「三ツ矢サイダーーッ!」という感じです。

ますます剣道が好きになっちゃいました・・・。
(剣道をやったことない人にもおすすめ!)
続編の「武士道セブンティーン」も楽しみです。

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

天使 佐藤亜紀著  [読んだ本 観た映画]

19世紀ヨーロッパが舞台の、スパイ小説です。
でも、ただのスパイじゃございません。
このスパイ、特殊能力を持っております!


天使 (文春文庫)

天使 (文春文庫)

  • 作者: 佐藤 亜紀
  • 出版社/メーカー: 文芸春秋
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 文庫

芸術新人賞受賞作品)

主人公ジョルジュは、五感以外の能力を持っており、
ある高官の下で徹底的に教育され、どこから見ても貴族の子弟、
同じ能力を持った組織の中でも、超一流のスパイとなります。

作者は、どうしてここまでこの能力を描けるのでしょう、
もしや、作者も超能力者・・・?と疑いたくなるほど。
(相手の思考を読む、思考をうつす、思考を攻撃するなど)
物語の世界に、完璧に入り込みました。

世界史の知識があれば、さらに楽しめそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

図書館戦争 有川 浩著 [読んだ本 観た映画]

図書館が好きです。
大好きです!

というわけで、同じく本好きの先輩に紹介された「図書館戦争」
を読みました。


図書館戦争

図書館戦争



近未来、自由な資料を広く提供する図書館と、メディアを規制する
組織が対立、武力抗争に発展している時代のお話。
(図書館に、自衛隊顔負けの防衛隊があります)

ありえないような設定ですが、図書館防衛隊に入った新人女子と
指導教官のラブストーリー(?)。
主人公と指導教官の掛け合いが、照れくささ満載~!でした。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

オーシャンズ13 [読んだ本 観た映画]

またまた、泥棒ネタですみません(笑)
スキーにいけなかったので、家でゆっくりDVDを見ました。

小学生のころ、図書室の『怪盗ルパン』シリーズを
読みまくっていた三四郎は、泥棒好きです。(スパイも好き)

なので、オーシャンズも大好き。
なかでも、前作12で、フランスの大泥棒”ナイトフォックス
に扮した、ヴァンサン・カッセルをひいきにしております。
今回の13では、チョイ役だったのがちょと、残念ですが。


オーシャンズ13 特別版(2枚組)

オーシャンズ13 特別版(2枚組)



ラスベガスで大当たりが出まくるシーンが最高!
(↑ いろいろな仕掛けをめぐらした結果)
やっぱり大泥棒ってかっこいいです・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ロック・ラモーラの優雅なたくらみ [読んだ本 観た映画]

微熱のときに一気読みしました。
裏社会と表社会の秘密協定によって平和が保たれている
中世ヴェネツィアを思わせる水の都カモールが舞台です。

ロック・ラモーラの優雅なたくらみ








詐欺と泥棒の英才教育を受けた天才ロック・カモーラと
やさしいけど力持ちで強いジャン、ハンサムな双子兄弟
カーロとガルド、ちびで勇敢な幼いバグ。

彼ら「悪党紳士団」は貴族だけをカモにした、
壮大な詐欺で莫大な財産を築いていきます。

そんなとき、協定が破られ、
盗賊団の頭をが次々と殺される事件が。
灰色王と名乗る謎の殺し屋の魔の手がロックにも迫る~。

・・・あとはナイショ。

ロック・ラモーラの頭脳にノックアウトされること間違いなしです!


デビュー作にして、7作目までが予定され、
映画かも決定しているのこと。
(著者は1978年生まれ。年下じゃん!)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

自負と偏見 ジェイン・オースティン [読んだ本 観た映画]


自負と偏見 (新潮文庫)


風邪をひいたら読書。
去年からお気に入りの作家、J・オースティンです。



It is a truth universally acknowledged,
that a single man in possession of a good fortune,
must be in want of a wife.
----金持ちで独身の男性は、きっと妻を欲しがっているに違いない、
というのは誰もが認めている真理である。----

↑漱石も絶賛のこの冒頭!
 ズバッといきましたね(笑)


J・オースティン、やっぱり面白いです。
まさに、「大した事件が起こるわけでもないのに、
ページをめくる手が止まらなくなる」(byモーム)のです!
(モームはこの作品を「世界の十大小説」にあげているそう)

なんでだろう。
ストーリーは地味だし、物語の世界は狭いし、
他の作品ともだいたい展開は同じだし・・・

でも、小説の中で登場人物がうじゃうじゃ生きていて、
本の中に住んでいるみたいな気がします。
本を開くだけで、エリザベスの家に訪問できる、
といいましょうか。

魔法の本かも??




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦著 [読んだ本 観た映画]


夜は短し歩けよ乙女


風邪をひいたので、スキーはお休み。
例によって、読書三昧といきました。




京都を舞台に、純情男子学生のパワーが炸裂!の、
暴走特急的奇怪恋物語(?!)です。

男子にとっても、恋愛というものはものすごくパワーがいって、
一大事で、スゴイことなんだ、とあらためて思いました。
男も大変じゃのう・・・

京都だからこそ、の独特の雰囲気。いいです。
文体も一風変わっていて、いちいち「ほおぉ」と思わせる
表現がでてきて、すてきでした。

この本のタイトルがいい!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読んだ本 観た映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。